【タクシーの給料システム】休みすぎには『制裁』が待っています

こんにちは、ショーです。

タクシーは他の仕事に比べて休みの取りやすい仕事で、基本的に休めない日はありません。

しかし、それは『休みたい日に休める』のであって、月の労働日数が少なくていいわけではありません。

最低限の労働日数をこなさないと、給料がガクッと減る仕組みになっています。



タクシーの給料は休みすぎると制裁のように給料が下がるシステムです。

給料が下がってしまった人

そもそも「何でタクシーはそんなに休みやすいのか?」と言いますと、ドライバー1人が休んでも、会社に入る利益が少し減るだけで業実が回らないということがないからです。

例えば、体調不良だったとして、ブラック企業のように「電話してくる元気があるなら会社に来い!」と無理させて、万が一大きな事故を起こしてしまった場合、タクシー会社も罰せられてしまいますからね。

「今日は遊びたいんで休みます!」なんて言えばさすがに怒られると思いますが、体調不良って言えばダメって言えないんです。

なので、当日に欠勤するドライバーも多くいます。

休む理由は、嘘か真か体調不良です。

ただ、休みやすいからといって『出番数』自体を減らしてしまうと、給料がガクッと減る給料体系にしているタクシー会社も多くあります。

勿論、休みすぎ防止策です。

タクシーは隔日勤務という特殊な勤務体系で働くのですが、簡単にいうと、一気に2日分働きます。

なので、1乗務休むと2日休んだのと同じになります。

タクシーは、売り上げが給料になる『完全歩合給』なので、休んだ分だけ給料になりません。

『規定乗務数』をこなさないと歩率が下がります。

タクシー

タクシー会社によって違いますが、月に11出番~12出番を下回ると『歩合率が下がり』一気に給料が減る仕組みになっていたりします。

歩合率が下がると、同じ売り上げをでも給料の額面が変わります。

例えば、月間で70万売り上げたとしても、出番数によって以下のように給料が変わります。

  • 12出番で70万の売り上げ(歩合率60%)=額面で42万円
  • 10出番で70万の売り上げ(歩合率55%)=額面で38,5万円

このように、タクシーは真面目に働いていれば、そこそこ稼がしてくれるのですが、サボると途端に制裁を受ける事になります。

タクシーは『自由度』の高い仕事ですが、自己管理ができないと『どんどん堕落』していきます。

それを、阻止するための策でもあると思います。

堕落した社員ばかり抱えては会社がつぶれてしまいますからね。

タクシー会社は保有している車両を休ませたくはありません。

その分会社に入るお金が減るのですから、ドライバーには上限である12~13乗務して欲しいのです。

当然と言えば当然のシステムなんですよね。

因みに、12乗務というのは普通の日勤だと『月に24日』、13乗務だと『月に26日』勤務している事になります。

タクシー会社によって異なりますが、最低でも11乗務はしないといけないタクシー会社がほとんどだと思います。

タクシーは『休みたい日に休める』仕事ですが、月の労働日数が少なくていいわけではないということです。



最後に:自己管理ができればタクシーはいい仕事です。

タクシーはいつでも休みが取れますので大事な用事や趣味などで、「この日は、大事な用事があるから絶対に休みたい!」という日に取れるのが魅力です。

しかし、休みやすいことが危険とも言えます。人間、楽を覚えてしまうと癖になってしまいますからね。

私もそうなんですが、今まで休みの取れない仕事をしてきたので、今は休みたくてしようがありません。

ですが、家族を養わなくてはいけないので頑張って13乗務しています。

ただ、予定のある月は12乗務にしていますし、夏季・冬季には有給を使って1週間以上休んでいますよ。

もう、元旦に働くことはできません。(笑)

低賃金で休みも取れず、馬車ウマのように働いているならタクシーも悪くないですよ。

<合わせて読みたい記事>
タクシーの『早番・遅番』で稼げるのはどっち!?【見分け方】

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。