【悲報】タクシーブログを読みすぎると売り上げは伸びません。

こんにちは、ショーです。

今回は、タクシーに入社して半年くらいの新人さんが、思うように売り上げが伸びずに悩んでいたのですが、原因は『タクシーブログを読みすぎ』だという話をします。



稼げる条件が揃っているのに稼げない新人。

私が勤務するタクシー会社は、年収500万~600万円くらいは稼げる条件が揃っています。

タクシーは自分が売り上げてきた売り上げが給料になる完全歩合給で、いくら真面目に働いてきても肝心の売り上げが悪かったら給料も悪いです。

私もタクシーに転職して1年目から年収500万円程度稼げましたが、その新人さんは入社して半年ほどですが年収400万ペースくらいの売り上げしか稼げていないようです。

で、話を聞くとタクシーブログの影響を受けすぎちゃってるのかな?って印象です。

明らかにタクシーブログの影響を受けている新人。

影響を受けすぎている女性

こういった新人さんに多いのが『新人なのにアレもコレもやろうとしている』ことです。

よくタクシーブログで「給料補償がある新人のうちに色んな場所に行って色んな事をやってみるのがいい」と書いてあったりしますが、この影響を受けすぎていると思います。

「こっちに付けてみた」とか「あっちに付けてみた」とか…。

確かに、それで結果を出す新人さんもいますが、それは『タクシーの才能がある』ニュータイプです。

オールドタイプの新人は付け待ちで結果は出せません。

ヒキ弱なんですから。

新人は千代田区・港区・中央区で流し営業するのが一番良いです。

今回の新人さんもそうですが、タクシーは千代田区・港区・中央区が一番稼げるわけですから、この3区に行かずに『稼げない』というのは間違っています。

年収500万~600万円くらい稼ぎたいなら、新人のうちに千代田区・港区・中央区を覚えないとだめです。

新人のうちはあまり深く考えず、千代田区・港区・中央区を中心に一生懸命走ればいいんです。

考えるのは、付け待ちの事ではなく無事故無違反です。

それに新人のうちにこの3区に行って慣らしておかないと後からだと行けなくなります。

コレ、性格もあるのですが、やっぱり同じエリアで営業しているのが一番楽なんです。

私はタクシーで一番嫌なのは、道の解らない場所で営業することです。

なので、新人のうちに3区以外で居心地の良い場所を見つけてしまうと、そこに落ち着いてしまいますよ。

付け待ちはベテランになってからでも遅くはない。

付け待ち営業は並べば順番にお客さんを乗せられますが、私は『付け待ちはベテランが行き着いた先』だと思います。

長年の経験や直感で付ける。

そこに、結果が結びつく…。

付け待ちは【曜日・時間・空き状況・直感】が必要なベテランの技です。

なので、何度も言うようですが新人は欲を出し過ぎずに、まずは千代田区・港区・中央区を走りこむべきなんです。



最後に、タクシーブログは程々の影響を受けるのがいいです。

タクシーの日々の営業日誌を書いているブログは多くありますが、やはり『面白く読める』ように書いてあります。

「自分の読みが当たって『万収』を引いた」なんて、ブログを読むと確かに真似したくなります。

私もタクシーブログはよく読みましたし、タクシーブログに勇気を貰って『タクシー転職』決めたくらいです。

タクシーブログは「タクシーやってみたい」って気にさせてくれます。

でも、実際の営業はタクシーブログのようにはいきません。

タクシーの花形である万収は、あくまで『おまけ』で、1乗務中で1回引けたらラッキーくらいのものです。

『タクシーの基本は地道に回数をこなす』です。

それに万収がなくても年収500万以上は稼げますよ。

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があります。

実は、会社選びの時点で成功・失敗が決まっちゃっているんです。

なので、タクシー転職を失敗しないためには、事前に必要な情報をインプットする必要があります。

下記の2つの記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報を全て書いてあります。もちろん無料で読めますよ!

実際に入るべきタクシー会社についても書いてありますので、タクシー転職にお役立て下さい。