意外と向き不向きがあるタクシードライバー!まずは自己診断を!

こんにちは、ショーです。

ショー

この記事はタクシーが自分に向いてる仕事なのか?
自己診断をすることが出来ます!

タクシードライバーは中高年の駆け込み寺のイメージが強く、実際に『訳あり』な方が転職に選ぶ仕事です。

ただ、安易にタクシーに転職をしてしまう人が多くいます。

「運転ができれば務まる」と思ってタクシーに転職したはいいが「イメージと違った…」「自分には合わない…」と、入社後すぐに辞めていってしまうのです。

では、どういった事で辞めていくのか?

タクシーの独特な接客が合わなかったり、隔日勤務がキツイと辞めていく人もいます。
そして、ドライバー職が初めての方は『プライベートと仕事』の運転の違いにもストレスを感じて辞めていきます。

なので、少なくとも下記の項目だけは確認してから、タクシーへの転職を決断することをおすすめします。

  • タクシーは接客業であると理解しているか?
  • ドライバー職にNGな持病は無いか?
  • ドライバー職にNGな性格ではないか?
  • 特殊な勤務体系で働くことが出来るか?

このあと詳しく書いていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

※「会社がブラックだった」とかで辞める方もいるでしょうが、それは『仕事が合う合わない』とは別の話なので書いてはいません。



チェック⑴タクシーはサービス業であることを理解できているか?

サービス

冒頭でも言ったように『運転だけの仕事』と、タクシーに転職する人が多くいますが、実は『接客対応』もかなり必要な仕事です。

ショー

運転5:接客5のイメージです。

タクシーの『個室空間』での接客対応は独特さがあります。

周りの目を気にしない『個室』は人を、強気・わがままにさせる傾向にあり、乗客を不快にさせると問題になり『通報』されるケースもあります。

なので、近年のタクシーは『質のいい接客対応』が求められます。

  • 乗客を不快にさせないように丁寧な挨拶
  • あとあと揉めないようにしっかりとルート確認
  • 最短時間・最安金額などの希望に対応できる接客

たとえば東京のタクシーの場合は『東京タクシーセンター』に、「あの運転手の対応最悪!」みたいな通報を入れられると、タクシー会社とドライバーがペナルティを受けます。

東京のタクシー会社は『東京タクシーセンター』からのペナルティを嫌うので、ドライバーが不始末をすると会社からたたき上げられます。

接客が苦手な人は『クレーム』を貰いやすく、そこにストレスを感じ辞めていってしまうのです。

ショー

ちょっと言いかた悪くなりますが、元々やりたくてタクシーやってるんではなくて『しょうがなく』初めているので、こういうことがあると辞めたくなっちゃうんです。

パンダ

接客対応かぁ、やったことないから自信ないな~
やっぱ、タクシーやるの止めようかな…

ショー

いや、接客経験なくても大丈夫ですよ!
サービス業だということを忘れなければ!

ここまでで「今まで接客業をしたことが無い」という人は不安かと思います。

しかし、サービス業だということを忘れずに『丁寧な対応』をしていれば問題はありませんし、『接客マニュアル』を用意しているタクシー会社も多くありますのでご安心ください。

参考記事も貼っておきます。
クレームにならないタクシーの接客対応術!【知らないとまずい】

チェック⑵ドライバー職に支障のある持病はもってないか?

これはタクシーに限らずですが、ドライバー職をする場合「運転自体が注意が必要な持病を持っていないか?」という事も重要なポイントになります。

パンダ

おれ、ちょっと血圧高いんだけど…大丈夫かな?

タクシーへの転職を希望する方の中には中高年の人が多く『高血圧や糖尿病』などの持病をお持ちで「タクシーできるかな?」と心配する方もいらっしゃると思います。

実際に私が勤めるタクシー会社にも『高血圧や糖尿病』の持病を持ちながら働いている人は多くいます。

もちろん、治療を受けて医師からOKを貰っている人達です。

なので、治療を受ければ運転に支障のない持病なら「タクシーは出来ない」という事はありません。

ショー

採用・不採用とは別の話です。
持病持ちの方を嫌うタクシー会社も実際にはあります。

ただ…タクシーは『腰痛持ち』は厳しいかもしれません。

パンダ

軽い腰痛持ってるけど、普段運転してても問題ないよ!

しかし、タクシーは1乗務で少なくなとも15時間はシートに座っています。

プライベートで2~3時間運転して大丈夫でも、15時間となるとどうでしょう?きつく感じてしまうかもしれません。

ただ、タクシーは休憩を自分のペースで取ることができますので、休みながらゆっくり働くことも出来ますので『自己管理』をすれば十分できると思います。

売り上げは伸びないかもしれませんがね。

チェック⑶ドライバー職が向いていない性格ではないか?

怒る人

タクシーは一日中街中を走り回るので、普段カーっとならない『冷静沈着な人』でさえ、イライラする仕事です。

  • 『割り込み・渋滞・あおり』に毎度のように出くわす。
  • 完全歩合給なので『売り上げが悪い』と焦ってイライラする。

普段から直ぐにカーっとなり、急ハンドル・急アクセル・急ブレーキなど感情で運転してしまう人は要注意です!

そういう人が基本的に事故や違反を起こしやすいです。

車の事故や違反は同じ人が繰り返します。
やる人はやる。やらない人はやらない。

なので、プライベートでも過去に何回も事故を起こしている人や、違反を繰り返してしまっている人は、正直に言ってタクシーは向いてないかもしれません。

ショー

ハンドル握ると人格が変わったりしませんか?

パンダ

だ、大丈夫だと思う…

チェック⑷隔日勤務ができる環境にあるか?:重要です!

多くのタクシードライバーは隔日勤務という特殊な勤務体系で働きます。

隔日勤務は夜中まで働き『一日おきに家を空ける』ことになりますので、以下の確認が必要になります。

  • ⑴夜中働いて体は大丈夫か?
  • ⑵家族の了解は得られるか?

まず、夜中に働いた経験がある人なら問題は無いのですが夜中働いたことが無い人は、もしかしたら体に合わないかもしれません。

人間の体は個人差があって『どうしても夜は起きていられない朝型』の人もいるそうです。

居眠り

本来は夜型の人じゃないと、夜働く仕事は向かないのです。

ショー

私も若い頃に夕方起きて、夜働き、朝方寝るみたいな仕事をしたことがありますが、1年くらいで体調が悪くなり辞めたことがあります。

ほとんどの人は昼型で生粋の夜型の人は稀のようですね。

なので、今まで夜中働いた経験が無い人は、もしかしたら「合わない」かもしれません。

そして、もう一つ!

隔日勤務で働くと家に帰るのが一日おきになりますので、家族の了解が必要になる人もいると思います。

  • 小さな子供がいるご家庭は奥さんの了解が必要。
  • 介護の必要な親御さんがいるお宅は『帰りが一日おき』で大丈夫か?

など、隔日勤務は自分の都合だけでは働けない可能性があります。

パンダ

日中だけ働くことはできないの?

ショー

できますけど、タクシーやるメリットが半減しちゃいますね。

昼間だけ働く日勤もありますが隔日勤務の方が稼ぎやすいですし、なれてくると隔日勤務の方がプライベートの時間が取れます。

タクシーをやるなら、隔日勤務がおすすめなので家族の了解が欲しいところです。



まとめ

タクシーに転職する前にチェックしておきたい事をまとめます。

  • 丁寧な接客対応が必要になることを理解できるか?
  • 長時間の運転がキツイ持病持ちではないか?
  • ハンドル握っても人格が変わらないか?
  • 隔日勤務で働くことは可能か?

しかし、今回書いたことは、あくまでも『認識』しておくべきことであって『ダメ』という事ではありません。

自分の性格や体を知り『自己管理』すればタクシーへの転職は問題はないでしょう。

タクシーに転職するなら、意識して自己管理することが大事なのです。

<あわせて読みたい記事>
離職率が高いタクシードライバー!辞めないためのコツを教えます

タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。

タクシーへの転職は、じつは会社選びの時点で『成功・失敗』が決まってしまっています。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。