【タクシー面接落ちた!】誰でも採用されるは大間違い!不採用になるケースとは?

こんにちは、
現役タクシードライバーのショーです。

皆さん、タクシードライバーって昔からいつでも募集してますし、面接に行けば必ず採用されるようなイメージありませんか?

でも、実際はそうでもなく、不採用になるケースも多いのです。

では、どういった事で不採用になるのか?この記事ではタクシー会社の面接で落ちるケースを書いていきたいと思います。

※東京都特別区のタクシー会社をベースにしておりますので予めご了承下さい。

スポンサーリンク

タクシー会社の面接はココで落ちる!

私が自分でタクシーに転職をした時に調べた事や思った事、あと会社の同僚なんかに聞いた話をまとめてみました。

タクシー転職をお考えの方は参考にしてみて下さい。

タクシー会社の規模

まず、影響すると思われるのはタクシー会社の規模で、大手タクシー会社ほど採用率が低いと私は思っています。

やはり、大手企業になると募集人数も多くなる分、選考基準が高くなり、不採用になる確率がアップします。

それに、近年は若い世代や女性ドライバーも増えています。

実際に街を走っている大手のタクシー会社のドライバーは「若い人や女性が多い」と感じます。

その中で、中高年の転職希望者は、どうしても年齢や健康状態で見劣りしてしまいますよね。

私自身はタクシーの仕事はある程度の人生経験を積んできた人の方が向いていると思っています。

それは、タクシーは運転技術は勿論ですが、接客対応など人生経験の必要な仕事だからです。

しかし、人手不足が深刻な昨今、大手タクシー会社からすれば若い世代を採用し、長期間働ける人材の確保をしていきたいのでしょうね。

それと私の周りの人に聞くと「大手の会社も面接を受けたけど落ちた」っていう人がちらほらいますので、やはり選考基準が高いんだなと思います。

逆に、小さい会社ほど募集人数が少ない分、選考基準が低くなり採用されやすいのです。

ウエルカム状態なタクシー会社もあると思いますよ。

ですが、選考基準が低い簡単に採用されるタクシー会社は、雇用条件が悪く離職率が高いと予想が出来てブラック企業の可能性もありますので注意が必要ですね。

健康状態は重要!

タクシーはある程度の年齢を重ねてから来る人が多いので、何かしら体に異変があり不安に思っている人も多いと思います。

この健康状態に関してはタクシー会社よって違いますが、私の会社ではタクシーの仕事をやれるか?やれないか?

医者の診断次第です。

糖尿病や高血圧の人でもしっかりと治療をしていて、医者がOKを出せば病気が原因で落ちる事は無いみたいですね。

私の会社には脳梗塞を患った人で、片足を引きずっている人もいます。

あっ、左足ですよ。

右足引きずってたら運転できないですもんね。

不幸中の幸いになるんですかね?

しかし、病気に関しては、大手タクシー会社ほど厳しく見ているのではないかと思われます。

なので、大手タクシー会社を希望していて何かしらの持病を持っている人は、『不採用になる確率が高い』と思っておいた方がいいでしょう。

事故や違反歴は最重要!

事故や違反も採用に影響すると思われます。やはり、私の会社内で見ても事故や違反をする人は決まっていて、同じ人が繰り返してしまうのです。

なので、違反歴や事故歴があると「また、やるだろう」と思われて不採用になってしまうかもしれません。

おそらく、どこのタクシー会社でも一緒だと思いますので、事故や違反歴のある人は要注意です!

事故や違反に関しては、入社前に運転記録証明書を提出するので、ウソをついてもバレますのでご注意を!過去5年間の記録がバレますよ。

入れ墨が入っていると☓

タクシー会社特有の項目ですね。

私も面接時に入っているか聞かれて、確か、一筆も書いた記憶があります。

「入れ墨は入っていません」的な。

ウソをついても入社前の健康診断でバレますので入れ墨が入っている人はダメかもしれません。

しかし!私は腕に彫り物がしてあるドライバーを見たことがあります。

龍とか凄いやつではないのですが、文字的なヤツです。

なので、もしかしたら…タクシー会社によっては採用される可能性もあるかもしれません。

これも、タクシー会社次第かもしれませんがね。

年齢や学歴は関係ない

60歳近くても採用されますし、中卒でも採用されます。募集要項通りですね。



まとめ:タクシー会社の面接で落ちるケース

採用されやすいと思われがちなタクシー業界ですが独特の選考基準があります。

  • 大手タクシー会社は落ちやすい。
  • 健康状態は医者の診断次第。
  • 事故歴・違反歴は要注意!
  • 入れ墨はアウト!
  • 年齢・学歴は募集要項通り。

※あくまで私個人の意見です。

事故や違反歴があり健康状態が良くない方は不利で、入れ墨はアウトだと思います。ウソをついてもバレます。

そして、大手タクシー会社ほど積極的に新卒採用を取り入れている分、選考基準が高くなり中高年の人は不採用になることもあると思います。

ですが、ご安心ください!

大手タクシー会社を不採用になったからと言って、他のタクシー会社の面接に影響があるわけではありません。

むしろ「うちはダメだけど、こう言うタクシー会社があるけど行ってみませんか?」なんてグループ会社を紹介してくれるケースもあるようです。

なので、大手タクシー会社を希望している人で、事故や違反歴や健康状態に不安がある人でも大手タクシー会社を希望するなら、最初から諦めずに面接を受けてみてはどうでしょうか?

いい結果が出るかもしれませんよ。

しかし、タクシー会社はアタリ、ハズレがあります。間違った会社に入らないように下記の記事も参考にしてみてください。

ブラック企業を回避!優良タクシー会社に入社するために絶対必要な12事項

最後までご覧いただきありがとうございました!