タクシー転職を失敗しないための事前準備:3つのステップで解説

タクシーに転職を検討されている方が、失敗しないために絶対必要になる情報を『3つのステップ』にまとめてあります。

タクシーへの転職を本気でお考えの方は、是非この記事を参考にしてみて下さい。

  1. 知る:タクシー転職を失敗しないための情報をインプットする。
  2. 見つける:入るべきタクシー会社を自分で見つける。
  3. 行動する:タクシー求人サイトを利用して応募する。

step1:タクシー転職を失敗しないための情報をインプットする。

必要な事を教える男性のイメージ

はじめに、タクシーに転職をしようと思っている方は以下のような理由が多いと思います。

  • 自由そうな仕事だから。
  • 人間関係がいらないと聞いたから。
  • 思ったよりは稼げそうだから。
  • タクシーぐらいしか仕事が無いから。

上記についてお答えします。

タクシーは会社勤めの仕事の中では、群を抜いて自由な仕事です。

大事な用事や急な用事がある日など『休みたい日に休めます』し、ちょっとくらい寝坊して『遅刻してしまっても全然問題ない』業界です。

職場での人づきあいだってしたくないならしなくても全然問題ありません。

タクシーは出社して『出庫』してしまえばあとは一人の世界です。

日々の仕事の『立ち回り』も全て自分で決めて働き、仕事のやり方で誰から文句言われることもありません。

他のドライバーのミスなどが自分に降りかかってくることも無く、何事もなく自分の仕事を終わらせれば、さっさと帰ってしまっていいですしね。

タクシーは、ブラックな業界で働いてきた人や人間関係に疲れてしまった人には、おすすめできる仕事なのです。

ただ、注意したい事が3つあります。

  1. タクシーは『完全歩合給』なので収入面は要注意
  2. タクシーで稼ぐためにはエリアが重要
  3. タクシーが自分に適性の仕事なのか?自己診断が必要

タクシーは『完全歩合給』なので収入面は要注意です。

稼いでいる人

ネットで年収700万円・800万円誰でも稼げるようなことが書いてありますが、あれ、ウソです。

タクシーで年収700万以上稼いでいるのはホンの一握りのトップドライバーだけです。

タクシーで誰でも稼げる可能性のある年収は500万円~600万円程度です。

それも、この後に書く『稼ぐための条件』を満たした人だけです。

タクシーで稼ぐためにはエリアが重要

ネットでタクシーの収入に関して調べると『稼げる』『稼げない』が両極端に書いてあります。

私が見る限り、年収にして200万円~1000万円までと幅広いです。

なぜこれだけの幅が出てしまうかと言いますと『タクシーは働く場所で稼ぎが決まる』からです。

詳しく書いた記事を下記に貼っておきますので、必ず目を通してください。

簡単に言いますと、タクシーで安定して高い年収を稼ぎ続ける事ができるのは、東京の『東京特別区』というエリアだけという事です。

東京に詳しくない方でも、東京の都心部で働けば『稼げる』というのは、お解りいただけると思います。

もし、地方にお住まいの方で地元でタクシーをやるなら年収300万も覚悟してください。

事実、タクシードライバーの平均年収は【全国300万ほど・東京400万ほど】と調査結果が出ています。

東京の平均400万円というのは、稼ぎは二の次でマイペースで働いている方や、年金を貰いながら調整して少しだけ働いている人の平均も入っての数字です。

都心部で立ち回っているドライバーの平均年収こそ出ていませんが、500万~600万円は普通に稼げますよ。

地方にお住まいの方は不安をお持ちかと思います。

地方の方が東京に上京して働くことに相当な不安を感じる人も多くいるかと思います。

道も解らないうえにあれだけ車が多く複雑な道の都心部で、いきなりタクシーを始めるなんて不安というより恐怖すら感じてしまうのかもしれません。

しかし、タクシーで稼げるのは東京特別区だけなんです。

稼ぐ必要があるのなら東京で働くことをお考え下さい。

タクシー業界は、地方から働きに来る方を応援していて、出張面接や寮を完備しているタクシー会社も多くありますので安心して働くことが出来ますよ。

タクシーは自分に適性の仕事なのか?自己診断してください。

仕事にストレスがかかっている社員のイメージ

ただ、タクシーは向き不向きがハッキリしている仕事なので、タクシーの仕事は自分に合っているのか?自己診断が必要です。

まず、タクシーは『隔日勤務という特殊な勤務体系』なので体に合うか合わないかの問題があります。

体に合わず働いていると、疲れから休憩を多く取ってしまったり、体調を崩して休みがちになってしまう事もあります。

そうすると完全歩合給のタクシーの給料はガクッと減ってしまいますので、年収500万~600万円は難しくなるかもしれません。

そして、タクシーは想像よりも接客要素が強く「接客が好きではない」という方には強いストレスが掛かってしまい長続きしない可能性があります。

実際に「合わない」という理由で、入社後わずか数日で辞めていく人もいます。

下記に適正に関する記事をいくつか用意しましたので、参考にしてみて下さい。

■【タクシー適正】転職を決める前にまずは自己診断をしましょう!
■【タクシーの休日】週休2日以上に感じる『カラクリ』教えます
■タクシーの隔日勤務は『規則正しく働ける勤務体系』です

あと、いくら自分が「タクシーの仕事を希望」しても、必ず採用されるわけではなく意外と不採用になるケースもあります。

面接に不安要素がないかご確認下さい。
■えっ、タクシーの面接って落ちるの?不採用になる4つの理由とは

step2:入社したいタクシー会社は自分で見つけましょう。

優良タクシー会社に入社できた人

タクシーに転職をするときは『タクシー専門の求人サイト』を利用するのが一般的です。

求人サイトはアドバイザーが相談に乗ってくれて、希望条件に合ったタクシー会社を紹介してくれます。

タクシー業界はブラック企業が多く潜んでいますので、実際にタクシー会社の面接に応募する時は『求人サイト』を利用して応募するのが安全です。

ただ、タクシー求人サイトなら何処でもいいのか?と言いますとそうではなく、得体のしれない求人サイトもありますので間違いのないタクシー求人サイトを選ぶ必要があります。

私がおすすめするタクシー求人サイトは【タクQ】です。

理由は私も【タクQ】を利用したということもありますが一番お得だからです。

ただし『タクシー求人サイト』に掲載されているタクシー会社から自分で見つけるようにしてください。

それは『タクシー求人サイト』が正しい会社を紹介してくれる補償が無いからです。

先ほど「必ず読んでください」と貼っておいた記事に書いてある通り、タクシーで『稼ぎたい』と思ったら、必ず必要になる条件が2つあります。

  • 東京都で『東京特別区』というエリアで働くこと
  • 最大手タクシー(グループ)会社に入社すること

タクシーに転職するなら、この条件は絶対に外してはいけません。

しかし、何も解らずこの条件以外のタクシー会社を紹介された場合、あなたのタクシー転職は失敗に終わってしまうかもしれません。

なので、自分でタクシー会社を見つける事をおすすめするのです。

上記の条件が揃っていれば、あとは『ブラック会社』か『ホワイト会社』かという事だけです。

ブラック会社を見分けるための記事を下記に貼っておきますので参考にして下さい。
【優良タクシー会社の見分け方】求人情報でチェックすべき事は?

入りたい会社の第2希望・第3希望くらいまでは見つけておくと良いと思います。

最大手タクシーグループの会社に入社してください。

採用された人のイメージ

タクシーは複数の会社が集まって一つの大きなグループになっているのですが、東京特別区内でも複数のタクシーグループがあります。

その中でも最大手のタクシーグループに入る事で、無理なく誰でも年収500万以上稼ぐ事が出来るのです。

東京特別区内の大手タクシーグループというと、大和自動車・日本交通・帝都自動車・国際自動車が『大手4社』と呼ばれています。

では、この4社のうちのどれかに入れば良いのか?と言いますとそうではありません。

正直、この4社に入社しておけば、ある程度の稼ぐセンスがあれば年収500万以上は稼げると思います。

しかし、誰でもとなると微妙な所です。

誰でも年収500万~600万円稼ぐために私がおすすめする入るべきタクシーグループは、
【日本交通グループ】です。

それは下記の記事に書いてある通り『無線配車・専用乗り場』が他のタクシーグループに比べ圧倒的に件数が多く、『ドライバーが稼げる体制が整っている』からです。

最大手タクシー会社が稼げるのは三種の神器があるからです

日本交通の『無線アプリ』は業界内でもDL数が№1で、多くのお客さんが利用します。

他のタクシーが街で必死にお客さんを探している時に、悠々と『専用乗り場』でお客さんを乗せる事が出来ます。

また、日本交通のジャパンタクシーウォレットという決済方法は、とても便利で多くの人から支持を受けています。

なので、前を走っている別の会社のタクシーをスルーして日本交通のタクシーに乗る人も多くいるのです。

街を走り回ってお客さんを探す『流し営業』だと、時には交通違反をしてまでお客さんを取りに行ったり、他のタクシーと争奪戦になってしまう事もあるので、事故や違反が多くなりがちです。

しかも『流し営業』はリスクを背負っている割には稼げない日があります。

無線配車や専用乗り場を利用することで、無理なく安全に営業することが出来るのです。

心に余裕が持って稼ぐ事できるのが日本交通グループの魅力なんです。

ただ、ひとつだけ日本交通で覚悟してほしい事は、日本交通を選ぶお客さんがあまりにも多いので、他のタクシーから嫌われる存在である事です。

他のタクシーから嫌がらせを受ける事もあります。

道を譲ってくれなかったり、無理やり前に入って来たり。

それだけ他のタクシー会社より稼げるってことですが。

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

step3:タクシー求人サイト【タクQ】を利用して応募する。

ここまでをまとめます。

【タクQ】から希望する待遇と合う『東京都特別区の日本交通タクシーグループの会社』を選べば、タクシー転職を失敗する事は無いでしょう。

選ぶべきタクシー会社は見えましたでしょうか?

タクシーへの転職は、入社する会社によって雲泥の差があります。

なので、慎重に会社選びをして下さいね。

↓からタクQ公式サイトに行く事が出来ます。
【タクQ公式サイト】はこちら

その他:参考になりそうな記事をピックアップしました。

■タクシーに転職をして成功だった?失敗だった?お答えします
■【タクシー収入報告】2018年の私の年収は570万でした。
■【シングルマザー】タクシードライバーがおすすめの仕事である訳
■年収600万以上を求めてタクシーに転職してはいけないわけ
■【タクシー転職に求めるもの】お金より自由なら大手はダメです!