シングルマザーで年収500万の仕事【タクシーなら可能です】

こんにちは、ショーです。

タクシーは男性の仕事で『女性が選ぶ仕事ではない』そんなイメージがありますが、全然そんなことはなく私の勤めるタクシー会社にも多くの女性が働いています。

特にシングルマザーの方が多いです。

しかし「タクシーのような不規則な仕事を子育てしながらできるの?」こう思う方もいらっしゃると思います。

まず、タクシーは不規則な仕事ではありません。

同じ時間帯に出社して、同じ時間帯に帰宅することができる仕事です。

そして、表題通りシングルマザーでも『年収500万以上』稼ぐことができる仕事なのです。

もちろんシングルマザーだけではなく『主婦』や『趣味を大事にしたい人』にも、タクシーはおすすめできる仕事です。

その理由は以下です。

  • 子供の予定に休日を合わすことができる。
  • 主婦の方は昼間だけ働くこともできる。
  • 趣味のために連休を取る事ができる。
このあと詳しく解説していきます。



シングルマザー:子供ファーストで働くことができます。

子供

シングルマザーの方が一番気がかりになるのは、子供の『学校の行事』や『急な体調不良』だと思います。

子供の行事には参加してあげたいですし、体調不良の時には付き添わなくてはいけません。

なので『ひとりでも休んだらその日の業務が回らなくなってしまう』ような、少人数で切り盛りしている仕事に就いてはいけません。

その点、タクシーは日程も『調整可能』ですし、急な休みにも『柔軟に対応』してくれます。

それは、ドライバー1人が急に休んでも会社の業務が回らなくなることがないからです。

タクシーは働いたことによって「子供との時間が取れなくなってしまった…」という事はありません。

私も父親の立場でありながら、子供の幼稚園の行事に皆勤賞ですし、よくお迎えにも行っています。タクシーはそれくらい時間に余裕ができる仕事です。

それでいて『条件付き』ですが、男性・女性関係なく年収500万くらいは稼ぐことができます。

条件に付いては下記に記事を参考にして下さい。
タクシー転職で絶対に外せない2つの条件【稼ぐために必要です】

ただし!タクシーは『歩合給』なので、休みすぎると給料はガクッと下がります。

借り上げの社宅に住むこともできます。

多くのタクシー会社は地方から働きにくる方のために『寮や借り上げ社宅』を用意しています。

通常の家賃相場より安く入居することができるため、金銭面に余裕のないシングルマザーの方にはおすすめです。

ただ、必ず保有しているわけではありませんので、借り上げ社宅を希望する場合は最初に保有しているか確認する必要があります。

シングルマザーの方がタクシーを始める場合の注意点

タクシーの勤務は『隔日勤務』という特殊な勤務体系ですので、丸1日家を空ける事になります。

  • 子供が中・高校生ぐらいである程度は、自分で身の回りの事ができる。
  • 親と同居、もしくは近くに住んでいて、子供の面倒を見てもらえる。

子供が自分で身の回りの事ができる年齢になっているか、身内が面倒を見てくれる環境のあれば、タクシーの『隔日勤務』が可能です。

タクシーの勤務に関しては下記の記事を参考にして下さい。
タクシーの隔日勤務は規則正しく働くことができます【私の感想】

主婦にもおすすめ!昼間だけ働くこともできます。

時間

タクシーは基本的には『隔日勤務』といって、1乗務で21時間の拘束時間で働く特殊な勤務になります。

しかし、日中だけ働く『日勤』もあります。

日勤は朝出社して夕方には帰れます。(※夜中だけ働く夜勤もあります。)

日勤なら、夜は働けない主婦・シングルマザーにも働きやすいと思います。

ただ、日勤で年収500万円稼ぐのは難しいかもしれません。

趣味ファーストの方にはうれしい!タクシーは連休の取りやすい仕事です。

休日を楽しむ女性たち

タクシーは、とにかく休日が取りやすく予定が立てやすいのが最大のメリットです。

先程も書きましたが、前もって申請すれば休みが取れない日はありませんし『当日の急な休み』も可能です。

ドライバー1人が急に休んでも、会社に入る売り上げが少し減るだけで業務が回らなくなる事はありませんからね。

こんな人におすすめ!

・彼氏や友達と休日を合わせたい。
・趣味が旅行なので連休が欲しい。
・子供の行事ごとに休みたい。
・急な体調不良の時は休みたい。
・でも、そこそこ稼ぎたい。

タクシーはまとめて働いてまとめて休むイメージなので、うまくやれば収入を落とさずに5~6連休くらいなら『年に数回』は取ることも可能です。

「仕事よりも趣味!」という人には、タクシーは本当におすすめできる仕事です。

何度もいいますが、それでいて『条件』を満たせば、20代の女性でもシングルマザーでも年収500万くらいなら稼げます。

ただし、休みやすいからといって、休みすぎると給料が極端に少なくなる仕組みになっていますので、ご注意を!

あくまでも『取りたい日に取りやすい』のであって、少ない勤務日数で許されるわけではありません。

女性ドライバー特有の2つの問題点について

女性

女性がタクシードライバーをするのに2つの問題点があります。

  • 会社の設備:更衣室・トイレ
  • 営業中:客質

元々タクシーは『男性』が多い業界ですので、女性を受け入れる体制が整っていないタクシー会社も多くあります。

具体的には、女性専用の【更衣室・トイレ】などです。

あと、女性だと『酔い客などに絡まれないか』の心配もあります。

タクシーは車内という特殊な個室の空間になりますので、酔い客や質の悪い客を乗せ、セクハラなどの被害にあう可能性もあるかもしれません。

解決策:大手タクシー会社に勤務することです。

まず、受け入れ態勢についてですが、大手タクシー会社ほど営業所の敷地も大きく、女性専用の【ロッカールーム・トイレ・シャワー室】が完備されていて、女性を受け入れる体制が整っています。

国土交通省が【ママ♡タクシー】を提案し、女性が働きやすい環境を作っています。
【ママ♡タクシー】とは『女性ドライバー応援企業』の認定制度を作り、女性が働きやすい『労働環境』を積極的に取り組んでいる企業の認定をしているものです。

現状でも大手タクシー会社は、女性を積極的に採用しているので女性ドライバーの在籍が多く、男性ばかりの職場で居ずらいという事がありません。

そして、女性が一番気になる『客に絡まれないか』という事に関しても、大手タクシー会社に入る事で解決できます。

それは、大手タクシー会社なら客層を選び営業ができるからです。

最大手タクシー会社ほど『無線配車』『専用乗り場』の仕事が多くあり、繫華街で出没し暴れる泥酔客を相手にしなくてもいいのです。

深夜の専用乗り場は、基本的に仕事帰りのビジネスマンがほとんどで、お酒は飲んでいないので凄く大人しく乗ってくれます。

無線配車にしても、質の悪い泥酔客はわざわざ無線でタクシーを呼ぶことはありません。

深夜の無線配車と専用乗り場のお客さんは、質のいいお客さんが多いのです。

なので、女性は必ず大手タクシー会社を選びましょう!



最後に:優良タクシー会社の選び方を教えます。

タクシーの転職は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まります。

何かと理由を付けて給料から天引きする『金銭面的制裁』や、『売り上げが悪いことへのパワハラ』が酷いブラック会社も未だに存在するようです。

もちろん一部のタクシー会社の話ですが、そんな会社には絶対に入りたくありません。

では「ブラック会社に入らないためにはどうすればいいのか?」と言いますと、まずは『タクシー転職に必要な知識を付ける』ことが大事です。

さきほど書いた、国土交通省が提案している『【ママ♡タクシー】の認定を受けているタクシー会社』も女性が働きやすい職場の判断材料になると思います。

ただ、一番大事なのは『自分が入るべきタクシー会社を自分で理解している』ことが重要です。

下記に、私がタクシー転職の際に必要だと思うことを全て書いた記事を貼っておきます。

タクシー転職を本気でお考えの方は参考にしてみて下さい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タクシーは『プライベートを優先』したい女性にはとてもいい仕事ですよ。