タクシーの隔日勤務は規則正しく働くことができます【私の感想】

こんにちは、ショーです。

タクシーの仕事は、不規則でブラックなイメージをお持ちの方が多いかと思います。

それは『勤務時間』と『夜中働く』ので、不規則に感じるのだと思います。

私もタクシーに転職する前は『不規則なイメージ』を持っていました。

多くのタクシードライバーは『隔日勤務』と言って『最大21時間の拘束時間』という長い労働時間で働いています。

これだけ聞くと「えっ、21時間も働くの?ヤバい…」と思いますよね。

しかし、実際にタクシーに転職してみて感じたのは「意外と規則正しいな」ということです。

それは「いつ、終わるのか?」分からない『ブラック勤務』とは違い、労働時間が徹底管理されているからです。

『隔日勤務』は実際に働いてみないと感じがつかみにくいです。

ですが、これからタクシーに転職を考えている方が、なるべく『隔日勤務』を理解できるようにご説明します。

ポイントは2つです。

  • 国で管理しているホワイトな仕事。
  • 上限があり働きすぎる事が無い。

このあと詳しく書いていきます。



隔日勤務について:国から管理されているホワイトな業界です

女性

冒頭で『隔日勤務は21時間働く』と書きましたが、1乗務で一気に2日分働くとイメージしていただければ良いと思います。

例えば、昼間働いている人は9:00~18:00(休憩1h)の8時間労働が基準ですよね?

で、1時間残業したとして9時間労働。(※拘束時間は10h)

タクシーは、×2日分を一気に働くのです。

タクシーの労働時間は国で厳しく管理されていますので、これ以上は働きたくても働くことは出来ませんし、サービス残業もありません。

「働きたくてもって、そんなに働きたくねーよ!」って声が聞こえてきそうですが…(笑)

しかし、タクシーの給料は完全歩合給なので、稼ぎたい人にはあっという間で「あと2~3時間やりたかった」って思う日もあるくらいです。

隔日勤務の出番と1乗務の労働時間について

隔日勤務は2日分一気に働くので、毎月の出勤日数が半分になります。

  • 【通常】12乗務:月に12日出勤
  • 【最大】13乗務:月に13回出勤

「12乗務は月に24日間」「13乗務は月に26日間」働いている事になります。

次に『21時間拘束の勤務』の目安の時間を書いていきます。

  • 【早番】
    出庫:AM6:00~AM9:00
    帰庫:翌日のAM1:00~AM4:00
  • 【遅番】
    出庫:PM12:00~16:00
    帰庫:翌日のAM7:00~11:00

※時間はタクシー会社によって異なります。

隔日勤務の1乗務の流れ

私の場合は1乗務が以下のようになります。

6:30:出社

6:30~7:00
点呼・運行前点検


7:00頃
出庫して営業(休憩3h含)


翌2:00~3:00頃
帰庫して納金・洗車


終了

という流れで『運行前点検・点呼・納金・洗車』を1時間として考えます。

この1時間というのはタクシー会社によって異なります。30分の会社もあれば1時間30分の会社もあると思います。

タクシーは働きすぎ防止で色々と上限がありブラックにならない。

人々

まず、タクシーは『休憩が取れない』という事がありません

隔日勤務の拘束時間である21時間の中で、最低3時間の休憩を必ず取らなくてはいけません。

昔のタクシーはそんなに厳しくなかったようですが、バスのドライバーの過労による大事故があって、2018年に『道路運送法』改正して厳しくなっています。

なので、ドライバーが休憩を取らずに働いていると、タクシー会社が罰せられるので休憩の少ないドライバーは「もっと休め!」と指導を受けます。

「休むな!」じゃなくて「休め!」ですから、いい事ですよね。

1乗務で走っていい走行距離も決まっています。

タクシーは道路運送法で走行距離が『1乗務で365㎞』までと上限が決められています。
※高速道路は控除されます。首都高はされません。

「危ないから、これ以上走るなよ!」ということです。

このように、タクシーは『不休』で運転させないように、国が徹底管理しているので、「休憩も取れないブラック企業」とはならないのです。

自己管理をすることによって規則正しい勤務にできる。

タクシーの仕事は曜日やイベントによって忙しい時間帯が違います。

なので、忙しい時間帯に合わせて出庫時間を変えるドライバーも多くいます。

しかし、出庫時間を変えるということは起床時間や就寝時間も変わるので体調管理が難しくなります。

出庫時間は変えずに『自分のルーティン』を作って働くことで、より規則正しい勤務が可能になるのです。

自己管理することにより『出勤時間』『労働時間』『帰社時間』が毎乗務同じ時間にすることができます。

働くうえで、これほど規則正しいことはありませんよね。



最後に

タクシーの仕事は隔日勤務という特殊な勤務なので、長時間働く不規則な仕事と思われがちですが、自己管理をすることで規則正しい勤務にすることができます。

私は決まった出庫時間、帰庫時間で働いていますので、タクシーの仕事を規則正しいと思っています。

冒頭でも言ったように、タクシーの隔日勤務は実際に働いてみないと解りにくいですが、下記の記事と合わせて読んでいただくと、よりイメージがわくかと思います。
タクシーは本当に休日の多い仕事だった件【週休2日に感じます】

タクシーは自己管理すればプライベートの時間を有意義に使えますのでおすすめの仕事ですよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。