東京観光に車で来てはいけない3つの理由!楽しい旅行にする方法を教えます!

こんにちは、
現役タクシードライバーのショーです。

私は東京生まれの東京育ちなので、今まで当たり前に東京の景色を見てきました。

そんな私も数年前にタクシードライバーに転職をしたのですが、タクシーで東京を走り回っていると、こんなにも観光スポットがあったのかと改めて思う日々です。

東京に住んでると、逆に行ったことが無いという人も多いのです。

事実、東京に住んでいて東京タワーに行ったことが無いという人は多くいます。

なので、東京から離れて住んでいる人ほど東京見物をしよう!という気になると思います!

でも、ちょっと待ってください。ナニで出来ます?飛行機ですか?新幹線ですか?

えっ、車?

う~ん…ハッキリ言って、オススメ出来ません。

楽しいはずの東京観光が台無しになってしまうかもしれませんよ…

では、どうして車で東京に行く事がオススメ出来ないのか?理由を書きましたので、車で東京観光に行こうとしている人は参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

なぜ東京に車で行く事がダメなのか?3つの理由

  • 理由その1:事故や違反で一瞬にして終了!
  • 理由その2:渋滞で一日がパーになる!
  • 理由その3:駐車場が足りない!

理由その1:事故や違反で一瞬にして終了!

万が一、事故を起こしてしまった場合、もう旅行どころではありません。

人身事故なら旅行終了どころか人生終了になってしまうかもしれません。

普段、東京を走りなれている我々でもヒヤリハットはありますし、事故も沢山見ています。

観光で来て道が解らずに急に止まったり、ムリに車線変更して曲がろうとしたりする他府県ナンバーの危険な運転が目立ちます。

たまたま、事故を起こしていないだけで、いつ事故ってもおかしくありません。

あと、故障も目立ちますね。久々に動かした車、そんな危険なもので遠出をしてはいけません!

首都高での故障は本当に危険です!

首都高速道路は『高速』と書いてありますが、実は高速道路ではありません。

有料の自動車専用道路ってだけなので、法定速度は50㎞程度なのです。

しかし、実際には法定速度をはるかに超えたスピードで流れています。

あのスピードで、クネクネしたカーブの先に車が故障で止まってたらと思うとゾッとします。

理由その2:渋滞で一日がパーになる!

連休中の東京の観光スポットは本当に道が混みます。僅か数キロの距離を何十分とかかります。

空いてる道を知らずに東京の道を走る事は無謀な行為です!

一日の殆どを車中で過ごしてしまったのでは、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

東京の道は走行する道路、車線、有効な首都高、これらを知っているのと知らないのでは、かかる時間が大きく変わります。超渋滞中の道の一本となりの道が空いてるなんて事もザラですよ。

理由その3:駐車場が足りない!

需要と供給が全くあっていないのが駐車場です。特に観光スポットになると駐車場に入るだけで、かなりの時間がかかることもあります。

渋滞を我慢し、ようやく目的地に着いたと思ったら、今度は駐車場待ちが待っています。目的地に着く前に疲れ果ててしまう事になるでしょう。

そして、トドメのバカ高い駐車場代!半日入れて数千円なんてザラですよ。

以上の事から、東京観光を満喫したい人は車ではなく、公共機関で来ることをオススメします。早いし、楽だし、お酒も飲めるし、いいこと尽くしですよ。



意外と知られていない東京で便利な乗り物

東京と言えば、電車が一番便利と思うかもしれませんが、実は電車はそこまで便利ではありません。

例えば、六本木から渋谷に電車で行こうとするとかなり大回りして行かなければいけませんので、時間がかかります。

そんな時に便利なのがタクシーです!と言いたいところなのですが、やっぱりタクシーだと値段が気になりますよね。

実際に六本木から渋谷にタクシーで行くと、場所によりますが大体2,000円前後です。

運転手によっては3,000円くらいかかるかも(笑)

やっぱり、ちょっと高いですよね。

で、私がこんなこと言っていいのか疑問に思いますが、一番安くて便利なのはバスです。

210円ですからね。

都心部はバスが思った以上に色々な所に行ってくれます。

なので、東京を公共の交通機関で動き回るなら

⑴まずは電車を調べる。

⑵かなり遠回りになるようならバスを調べる。

⑶ルートも時間も合わないならタクシーに乗る

上記の順で目的地まで行く手段を考えれば、時間を無駄せずに極力値段を安く移動する事が出来ます。

タクシーは高いですけど、必ずしもムダ金になるわけではありません。

東京観光に来て色んな所を見て回りたいのに、電車だと1時間かかるが、タクシーだと20分で行けるとしたらどうですか?

それに、タクシーのメリットは大人4人までなら値段が一緒って事ですね。電車で大回りして大人4人分の料金とそんなに変わらなかったりするんですよ。

なので、行きたい場所に行くには、どの乗り物で行ったらいいのか事前に調べておくと良いですね。



それでもマイカーで東京に行くんだ!という人が心がける4つの事とは?

そうは言っても、「子供もいるし電車じゃ大変だよ」という方や、「彼女とレインボーブリッジを渡るんだ!」と、どうしても車じゃなきゃという方は以下の事を心がけて東京に来てください。

事故や違反を回避するため道路交通法を守ろう!

当たり前だろ!と思うかもしれませんが、道交法が守れないから事故るのです!皆が道交法を守れば事故は起こりません。

違反=事故の前兆です。

しかし、道交法を守るだけでは不十分で、もう一つ必要なのが、譲り合いです。

車が車線変更で前に入ってこようとしたら「えーい!冗談ではない」とガードするのではなく、入れてあげましょう!

そういった、心のゆとりが事故を回避する最大の予防になります。

道路交通法を守る+譲り合い=無事故です!

車の整備をしてから東京に行こう!

あなたのマイカーは毎日乗っている車ですか?休みの日だけ乗るのですか?もし、久しぶりに乗る車なら最低限の整備はしてきましょう!

車は毎日乗らないと調子が悪くなりますし、異変にも気づきません。自宅から東京までは何百キロですか?

整備してない車で300キロ、400キロ乗るのは危険ですよ!高速道路で万が一故障してしまったら、命にかかわる重大事故につながってしまいますしね。

タイヤの溝、空気圧、バッテリー、エンジンオイル、冷却水と最低でもこれくらいはチェックしましょう。ガソリンスタンドで見てもらえますよ。

東京の道は危険なモノがたくさん!

東京の道は、東京ならではの気を付けなければならない危険なモノが有ります。

東京都心部の道で危険なモノを書いた記事もありますので、車で来る際には、何が危険なのか事前に把握しておきましょう!
【超危険!】車で東京を走るなら注意するべきモノ5選とその対処法

ドライブレコーダーを必ずつけましょう!

事故は自分だけが気を付けていれば防げるものではありません!ぶつかってくる車もいるのです。

一台で家が建つような高級車が惜しげもなく走っていて、ギリギリで割り込んできたりします。たとえ過失割合が9対1で相手が悪くても、その1でこちらは相当な金銭面的ダメージを受ける事でしょう。

違反についても必ずしも警察が正しいわけではありません!間違いもあります。本当は違反していないのに、警察の見間違いでキップを切られてしまった!人も中にはいるはずです。

そして昨今流行りのあおり運転。東京も多いですよ。私もよく見かけますし、うける事もあります。

「あおり運転は無くなる事は無い!」というのが私の見解ですが、万が一あおり運転を受けてしまった時の対処法を書いた記事もありますので参考にしてみて下さい。
車であおられる人の3つの特徴と直ぐに出来るあおり運転の対策と対処法!

この「自分は悪くないのに」という、万が一から守ってくれるのがドライブレコーダーです。

私は、全ての車に義務付けてもいいくらいだと思ってますよ。

最後に…あくまでも風の噂ですよ!

そして、今から言う事はあくまでも風の噂です。〇〇が言ってた!ということではありませんのであしからず。

まもなく、東京で行われる一大行事といえば、東京オリンピックです。

オリンピックに向けて国立競技場を始め、様々な工事が行われています。オリンピックは経済効果もかなり見込めますが、相当な費用がかかることも知られています。

東京オリンピックが決まった当初は「誰が金払うんだ!」みたいなやり取りがありましたね。

散々好き勝手言ってたオリンピック協会はたいした予算は出せず、結局は東京都が予算を出す事となっているようですが…

どうやら、その予算を東京都内での違反金で賄うようです。

表向きは、「昨年度の死亡事故が増えたために取り締まりを強化する!」との事なんですが、実際はオリンピックの資金作りのために取り締まりを強化するようです。

なので、ここ最近取り締まりが非常に厳しくなっています。

最低でもオリンピックまではこの状態が続くようです。

そう、皆さまが東京に観光に来て道が解らず、右折したら「ピピピー。ここ、右折禁止ですよ~」とお支払い頂いた違反金でオリンピックが成り立つのです。

なので、「日本国民全員でオリンピックを作るんだ!」という方は車で東京に来ることで、貢献出来るかも知れませんよ(笑)