【交通安全週間】取り締まりを受けないために注意したいこと

こんにちは、ショーです。

令和になって初めての交通安全週間が終わりました。

で、思うのですが取り締まりが厳しすぎませんかね?

令和初めてという事もあり警察も気合が入っているのか、はたまたこの後日本に来る某大国の要人のために警備を強化しているのか分かりませんが、とにかく今回の交通安全週間は取り締まりが厳しいと感じました。

私の現職であるタクシーも多くのドライバーが捕まり、必死に言い訳をしてあがいている光景を沢山見かけました。

タクシーは免許が無くなっては仕事ができませんから必死ですよ。

しかし、近年の社会問題である『あおり運転』や『高齢者の運転ミスのよる事故』の対策にはこれくらいの取り締まりの強化は必要なんですよね。

今回実施された取り締まりの重点目標というのは、今後も交通安全週間だけではなく通常でも厳しく取り締まっていく項目だと思います。

なので、車を運転の際は十分に気を付けて下さい。



2019年春の交通安全週間で実施された重点目標

⑴子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
⑵自転車の安全運転の実施
⑶全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの着用の徹底
⑷飲酒運転の根絶

まず注目したいのが、⑴の子供と高齢者の安全な通行の確保なのですが、これは『歩行者妨害』の取り締まりを強化しますよって事ですね。

信号や横断歩道で歩行者の通行を妨げると捕まってしまうのですが、我々タクシーもよく捕まる違反なんです。

朝の通勤通学時間や日中の明るいうちは要注意です。

歩行者が途切れないとイライラしてつい行ってしまいがちなんですが、その先に隠れるように警察が待っていますよ。

朝の通学時間帯に一斉の取り締まりを実施しました。

通学中の子供たち

通学中の子供の列に突っ込む痛ましい事故が相次いでいますよね。

そういった事もあり、スクールゾーンの取り締まりを都内で一斉に行いましたが、今後もスクールゾーンは厳しく取り締まる項目の一つだと思いますので、通学時間帯に車に乗る場合は、時間帯指定のある道はよく確認してから走行しましょう。

この時間帯で歩行者専用道路になる道はタクシーもよく捕まるんですが、「ココを抜ければ、早いんだよ」って道の先に警察は待ち構えていますよ。

シートベルトは今後は更に取り締まりが厳しくなるでしょう。

女性

次に注目したいのが、⑶の全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの着用についてです。

知らない方もいるかもしれませんが、後部座席のシートベルトは一般道では任意なのですが高速道路は後部座席もシートベルトの着用が義務付けられています。

高速道路の事故でシートベルトをしていない後部座席の人に大きな被害がいっているのでしょうからね。

なので、今回は高速道路の入口でその取り締まりを強化したのです。

で、高速道路は料金所が入り口ではないのご存知ですか?

一般道から料金所の前の高速の入口に入る所に『高速道路』の標識が出ているのですが、そこからが入り口です。

なので、料金所で取り締まりを受けて「今、するところ」は通じなんです。

この取り締まりは我々タクシーも注目したのですが、タクシーのお客さんもシートベルトをする人としない人両極端なんですよね。

しかし、万が一取り締まりを受けた場合、ドライバーの責任になってしまうので今後も注意したい取り締まりですね。

あとチャイルドシートを付けないで小さな子供を乗せていると捕まってしまいますのでご注意を!

大したことが無い事故でも小さい子が無くなってしまうケースもありますので…。

因みに、タクシーはチャイルドシートは免除されているんですよ。ご存知でしたか?

対応しきれないですからね。

今回、私が一番注目した取り締まりは煽り運転です。

喜ぶ人達

ニュースで見たのですが、埼玉県の関越自動車道でヘリコプターを使ってあおり運転の摘発を行ったみたいです。

空からあおっている車を見つけて地上の高速隊が検挙する、素晴らしい取り締まりです。

捕まった人は、まさか上から見られているなんて思いもよらなかったでしょうね。

高速道路であった煽り運転による痛ましい事故がありましたが、あんな事故が無いように、交通安全週間中とは言わずに行って欲しい取り締まりですね。



最後に…取り締まりを受けないために今後気を付けたいこと。

  • スクールゾーンの時間帯指定
  • 歩行者妨害
  • 高速道路における後部座席のシートベルトの着用

上記は、普段から安全運転をしている人でも、ウッカリやってしまう違反なので車を運転する際は注意してください。

そして、これからタクシーなどのドライバー職をやろうとしている方にも注目の違反項目ですので参考にしてみて下さいね。

<合わせて読みたい記事>
・交通違反で捕まらないコツを現役タクシードライバーが教えます
・高齢者による交通事故を無くすために変えなくてはいけないこと