転職は資格より体力の方が重要だ!という話【採用に影響も!?】

こんにちは、ショーです。

転職を考えている方は「その仕事に必要な資格を取っておこうかな?」と考えるかと思います。

たとえば私も、現職であるタクシードライバーに転職した際に「二種免許を自分で取得していけば採用に有利かも」と思い、転職前に自分で二種免許を取得しました。

<参考記事>
私が二種免許を一発試験で取得した時の話【2回目で合格!】

でも、「その資格が無いと応募資格がない」という限り、わざわざ自分で資格を取得していく必要は無いと私は思っています。



前職で面接官も務めたが、資格はそれほど重要視しなかった

男性

中小企業の小さい会社ですが、私は過去に勤めていた会社で面接官の経験があります。

前職の仕事は、特別な資格が必須な仕事ではありませんでしたが、持っていると一目置かれる資格というのはありました。

たとえば「〇〇先生が開いている教室のカリキュラムを卒業している」みたいな感じです。

必須ではないけど「あの先生に習ったんだ」と、一目置かれるわけです。

ただ、一目置かれるだけです。

事実、私が面接をした人の中にも「〇〇の教室を出ています!」みたいな人もいましたが、「ああ、そうなんですか~」程度で、それが採用を決定付けるものにはなりませんでした。

健康的でパワーがみなぎっている人の方が面接官の目に止まる

必須でない資格を持っている人よりも、体からやる気がみなぎっている人の方が「この人いいなぁ」と思うことが多かったですね。

もちろん業種や資格によりますが、あくまでも参考程度にしかならないと思った方がいいですね。

面接官は『資格を持っている=仕事が出来る』とは思っていません。

仕事中に取らせてくれる資格を、わざわざ自分で取るのは無駄

女性

たとえば私の現職のタクシーは二種免許が必須の資格になりますので、入社と同時に二種免許取得に向けて動き出します。

しかも取得期間中も給料が出ます。

働きながら資格を取らせてくれる仕事なのに、わざわざ自腹を切って取得しておくのは無駄ですよね。

求人で『✕✕の資格をお持ちの方優遇・歓迎』とあり、給料に影響がでるような資格なら事前に取っておくのもいいと思います。

しかし、特に書いていないのに「持っておいた方が良いだろう」と勝手に判断して資格を取ることはおすすめしません。

転職には相当なパワーが必要

男性

  • 通勤ルートが変わるだけで疲れるもの
  • 未経験の業界への転職なら体への負担は大きい
  • 新しい職場での人間関係は精神的にも疲れる

転職は一からのスタートになりますので、慣れるまでに相当なパワーを必要とします。

通勤ルートが変わるだけでも体は疲れるものです。

ましてや「通勤時間が増えた」とか「よりキツイ満員電車になった」とかですと尚更です。

さらに、初めての業界への転職なら何もかもが初めてなわけですから、仕事が慣れるまでの体にかかる負担は大きいです。

極めつけに、新しい職場での人間関係です。

「人間関係が嫌で転職をした」人は、一番気を使う部分だと思います。

転職にはパワーが必要なんです。



結論:必要のない資格を取るなら、パワーを付けた方がいい

必要としない資格を取るよりは、パワーをみなぎらせて転職をした方がいい結果になると私は思っています。

それに、終身雇用も崩壊していますので、これからは1度や2度の転職は当たり前の時代がきます。

若いうちは気にならないことですが、年齢とともに転職で必要とするパワーを出すのがしんどくなっていきます。

本当に70歳でも80歳でも働かなくては生きていけない時代が本当に来るかもしれません。

その時に、一番の自分の武器になるのは資格よりもパワー、健康なのです。

転職だけではなく人生最後まで楽しく生きるためには健康が必要ですよ。

しかし『健康は一夜にして成らず』です。日頃から気にしておかないといけませんね。

<合わせて読みたい記事>
健康診断?受けたことないけど…こんなヤバい方はお読みください

最後までご覧いただきありがとうございました。

<Twitter↓↓↓>
@privategadaiiti

<おすすめコンテンツ↓↓↓>
もし、年収600万になったら、あなたの人生は変わりますか?

人生を変えたい…

そんな方のヒントになれば幸いです。

<中高年の最後の受け皿↓↓↓>
タクシーに転職するなら絶対に見て欲しい、失敗しないためにも…

タクシー転職の際は参考にしてみて下さい。

タクシーに転職したおっさんの日常生活をYouTubeで配信しています!


その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。投稿記事一覧