職場の人間関係が『ストレス』ならドライバー職がおすすめです。

こんにちは、ショーです。

職場の人間関係でお悩みの方が多いと思います。

私も前職では職場の人間関係で悩みましたが、どうしても相性が合わない人は誰にでもいます。

上司と合わない。
同僚と合わない。
部下と合わない。

複数の人間が集まれば、人間関係の問題は必ずあります。

  • 人と接するのが嫌いなわけじゃないが、職場の人間と合わない事が多い。
  • 今までも、仕事上のことで職場の人ともめてしまう事が多い。

このような方はドライバー職がおすすめです。

それはドライバー職は労働時間のほとんどを一人で働く仕事なので、職場の人間と接する時間が少ないからです。

今回、身近な3つのドライバー職を書きますので、職場の人間関係にお悩みの方は参考にしてみて下さい。

  • バス・タクシー・ハイヤー
  • トラック(大型・長距離)
  • 軽配送



バス・タクシー・ハイヤー

タクシー

まず、私の現職であるタクシーを含め、バス・タクシー・ハイヤー『旅客自動車運送事業』は、お客さんを乗せるという共通点があるので、ひとくくりにして書きます。

で、このバス・タクシー・ハイヤーは、ドライバー職の中では1番人と接する機会が多い接客要素が強い仕事になります。

お客さんを乗せるのが仕事なわけですから当然ですね。

ただ、会社にいる時間はほとんどないので「人と接するのは嫌いじゃないが、職場の人間とはうまくいかない事が多い」という人にはとてもいい仕事です。

タクシーの場合、朝出社して車両の始業点検をして点呼を受けたら直ぐに出庫します。

そのあと会社には帰庫時間までは基本的には戻りません。

で、帰庫したら『納金』と『洗車』が終わり次第帰れます。

自分が何か業務上でミスをしない限り、他のドライバーのミスなどで付き合わされることはありません。

逆を言うと、誰も助けてはくれませんので『自分の身は自分で守る』仕事です。

重ねて言いますが、バス・タクシー・ハイヤーは『人と接するのは嫌いじゃないが、職場の人間とはうまくいかない事が多い』という人に向いている可能性があります。

バス・タクシー・ハイヤーは、どの程度の接客が必要なのか?

バス:複数のお客さんを乗せるが、直接会話をしたりすることはない。

路線バスでも、高速バスでも乗降の際の基本的な挨拶のみで、直接の会話は必要ありません。
ルートなどを聞かれた場合は、必要最低限の対応が必要です。

タクシー:基本的に会話しなくてもOK。でも、話しかけられれば必要。

タクシーは喋らないといけないようなイメージがありますが逆です。
私が勤めている大手タクシーグループでは、基本的にドライバーからルート確認などの必要な会話以外に話しかけることは禁止されています。
思っている以上にお客さんと会話する事はありません。

ハイヤー:「雲になれ」と言われるくらい、会話は必要ない。

ハイヤーで、よく聞くのは「顧客の気が散らないように、雲になれ」です。
バス・タクシー・ハイヤーの中で、最も会話の必要ありませんが、その分運転や対応に気を使う事は間違いありません。

トラック(大型・長距離)

トラック

次にトラックですが、トラックの中にも中距離のルート配送だったり個人宅の配送などがありますが、『大型の長距離トラック』に着目したと思います。

トラックは上記のバス・タクシー・ハイヤーと違って『物を運ぶのが仕事』なわけですから、積み荷・積み下ろし以外は、ひとりの時間になります。

なので、「人づきあいが苦手」なんて人は、長距離トラックが良いかも知れません。

ただし、近年トラック業界は『長時間労働の割には給料が安い』という問題はあります。

一昔前は大型トラックなら40~50万円くらいは稼げたものですが、今はそんなには稼げません。

30万~40万円がいい所だと思います。

『給料よりもひとりになれる仕事が良い』という人向けの仕事なのかもしれませんね。

軽配送

軽トラック

最後は軽配送ですが、軽配送とは自分で軽バンを所有して仕事を貰う『個人事業主』になります。

で、業務内容はルート配送だったり、個人宅への配送です。

軽配送は個人事業主なので、会社の人間関係が一切ありません。

もちろん仕事を斡旋してくれる仲介会社や、仕事を貰う取引先との対応はありますよ。

軽配送は私も興味があり一度転職の候補にあったんですが、下記の記事で書いたように断念しました↓

軽配送を始めようとしたがタクシーに転職をした理由

一番の問題は稼げるか解らないという事です。

もし、お金ではなく黙々とひとりで働きたいというのなら軽配送も悪くないと思います。



最後に

ドライバー職は『走ってなんぼ』の仕事で、会社にいる時間が少ないので、その分、人間関係が必要ない事が多いです。

最低限の接客や職場での人間関係はありますが、職場の人間と一緒にいる時間が少ないのでトラブルになる確率も少ないです。

なので、人間関係が苦手な人にはドライバー職がおすすめなんです。

ただ、収入の問題があります。

バス・タクシー・ハイヤーでも見ても、タクシーとハイヤーは歩合給で、頑張り次第でまだまだ十分に稼げる仕事です。

<参考記事>
タクシーは2020年以降も稼げる仕事だと思います【景気後退】

しかし、バスは年数給が多く転職後すぐには稼げません。

トラックにしても業界自体厳しい時代になっています。

バス・トラックでは転職後すぐに年収500万以上稼ぐのは難しいと思います。

軽配送は個人宅への配送で馬車ウマのように働けばそこそこ稼げる様ですが、ルート配送では年収300万程度だったりするみたいです。

軽配送の場合は『掛け持ちで働く』ことが必要のようです。

なので、収入面を考えるとタクシーが一番良いのかなって思います。

だから、タクシーやっているんですけどね…。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。