マイペースで働ける仕事ならタクシーがおすすめ【ほぼ自由業】

こんにちは、ショーです。

人にペースを合わせるのが得意な人もいれば、得意でない人もいます。

私は得意ではありません。

自分よりペースの速い人に付いていくのは疲れるので嫌ですし、遅い人に合わせるのはイライラしてしまうからです。

  • 自分のペースを超えたオーバーワークで仕事をしたくない。
  • 自分よりペースの遅い人のためにサービス残業なんかしたくない。

特に『縦社会』は嫌いです。

「先輩より先に昼めしを食べてはいけない。」
「上司より先に帰ってはいけない。」

こんな職場で働くのは絶対に嫌です。

もし、私と同じく『人のペース』に合わすのは苦手という人がいましたら、タクシードライバーをおすすめします。

それは、タクシーは会社員でありながら自分のペースで働くことができる仕事だからです。

理由は2つあります。

  • 自分で『働き方』を選べる仕事だから。
  • 『ノルマ』が無く働けるから。

このあと詳しく解説していきます。



理由その➀:タクシーは自分で働き方を選べる仕事です。

マイペースで働いている人

タクシーは会社を『出庫』したら、あとは一人の世界です。

営業場所や休憩時間など、日々の『立ち回り』を自分で決めて働く仕事で、「右に行くも左に行くも」全て自分で決めて動きます。

そして、自分の売り上げが給料になる完全歩合給です。

会社全体の売り上げが悪いから、自分の給料も下がるという事は一切ありませんし、逆に自分だけ売り上げが悪くても保証はしてくれません。

  • 稼ぎたい人は休憩を最低限にして『忙しい激戦区』で立ち回ります。
  • マイペースで働きたい人は休憩を最大限取り『忙しくない地区』で立ち回ります。

稼ぐも稼がないも自分次第なので、自分で働き方を決めて自分のペースで働くことができます。

休憩も自分のペースで取れる仕事なので、ロクに休憩も取れない仕事をしている人には魅力です。

お腹が減ったらご飯を食べ、トイレに行きたくなったら行き、眠くなったら寝る、タクシーはそんな事が出来る仕事です。

さらに自分の『性格』に合わせて立ち回りを決める事が出来ます。

タクシーの立ち回りは、基本的に『流し』『付け待ち』の2つの方法があります。

流し営業

流しているタクシー
街を走り周り、手を上げたお客さまを乗せる。待つのが苦手な人に向いてます。

付け待ち営業

付け待ち営業中のタクシー
駅や施設などのタクシー乗り場・お客さまが来そうな道など狙ったポイントでお客さまが乗るのを待つ。

のんびりマイペースで働きたい人は、例えば駅のタクシー乗り場に付けて順番が来るまで本を読んだりしながらお客さんを待つことが出来ます。

逆に、せっかちな人は待つことが苦手でしょうから、走り回ってお客さんを探します。

よく言われる「釣り好きの人はタクシーに向いている」というのは付け待ちのことですね。お客さんの来そうなポイントに車を停めてアタリを待つのは、確かに釣りと似てます。

因みに、私は待つことが苦手なので走り回ってます。

ラーメン屋に5分並ぶことができません(笑)

理由その➁:タクシーは『ノルマ無く』働くことができます。

女性

タクシーは自分の売り上げで給料が決まる『営業職』です。

普通、営業職なら『営業ノルマ』があってもおかしくはありません。

「今日の売り上げ目標達成するまで帰ってくるんじゃねーぞ!」みたいなヤツです。

タクシーはブラック企業にありがちな達成が困難なノルマがありそうなイメージがありますよね?

でも、ノルマはありません!

と、言いたいのですが、ちょっとあります。

ですが『ノルマ』というよりは『サボり倒すドライバー対策』みたいな感じの普通に働いていれば、誰でも達成できる程度の数字です。

「このくらいは当たり前か」と思えるくらいですよ。

きついノルマが無い理由

タクシー会社の収入源はドライバーが稼いでくる売り上げです。

で、ドライバーが稼いできたお金を『ドライバー6:会社4』程度で分け合います。

なので、出来るだけ稼いできて貰いたいのが会社の本音なのですが『ノルマ』が無いのには以下の事が考えられます。

事故や違反を回避させるため。

きついノルマを作り売り上げを重視させると、ドライバーは無理をします。

ロクに休憩も取らなかったり、強引な運転をして交通違反を犯してでもお客さんを取りにいくはずです。

その結果は簡単に想像できますが『事故や違反』をしてしまいす。

  • 車両を壊されれば、直している期間その車両の売り上げが会社に入ってこなくなる。
  • 人身事故や特定の違反を繰り返すとタクシー会社に監査が入り、複数台の車両停止などの厳しい処分等を受けてしまう。

ドライバーには絶対に事故や違反をしてもらいたくないのが、タクシー会社の本音なのです。

それに下記の記事で書いていますが、タクシーは『離職率』の高い仕事です。
【タクシーの離職率が高いわけ】失業しないためのコツ教えます

なので、きついノルマを与えて簡単に辞められては困るんです。

プライベートも『自分都合』がタクシーの魅力です。

プライベート

タクシーは休みたい日に休める仕事です。

なので、急用や大事な用がある日に『休めない』なんてことはありません。

シフト制なので、すべて自分が休みたい日に休むというのはさすがに無理ですが、他の仕事に比べて休みやすい仕事でプライベートを大事にしたい人には本当にいい仕事です。

私は子供の幼稚園の行事に皆勤賞で参加できていますので、とても満足しています。

年金をもらいながら、調整して少しだけ働いている人なんかもいますしね。

でも休みすぎると売り上げは下がりますよ。



最後に:タクシーやるなら東京で…

タクシーの仕事は、会社勤めの中では群を抜いて自由度の高い職業です。

やるもやらないも自分次第なので、稼ぎたい人は頑張って稼げばいいし、のんびり働きたい人はマイペースで働けばいいのです。

  • 休憩したくなったら休憩が出来る。
  • 予定がある時や体調が悪い時は無理せずに休める。
  • 自分の性格に合わせて稼ぎ方が選べる。
  • それでいて、社会保険にも加入できる。

ここまで自分のペースで出来る仕事はそう多くはありませんよね。

タクシーは『ほとんど自由業』なのです。

因みに、タクシーは月に働いて良い時間が決まっていて、最大で270時間(休憩を含む拘束時間)ほどになります。

これ以上は働けませんので長時間労働には絶対にならない仕事です。

「今の仕事がオーバーワークでツライ」
「自分のキャパを超える仕事量は無理」

なんて人はタクシードライバーに転職してみてはいかがですか?

きっと、世界観が変わると思いますよ。

ただし、タクシーやるなら東京で働くことをおすすめします。

確かに、地方のタクシーの方がのんびり働けるでしょう。

でも、いくらのんびりと言っても年収200万~300万とかでは話になりません。

東京のタクシーなら条件を満たして真面目に働けば年収500万~600万は稼げます。

のんびりマイペースで働いても年収400万くらいなら稼げますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社によって天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要です。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。