将来が不安すぎる…この先、選ぶべき仕事は?【何より安定です】

こんにちは、ショーです。

「今の仕事はいつまで続けられるか分からない。」

実は学歴に関係なく、このような不安をお持ちの方は多いです。

事実、下記の記事で書いたように、一流大学を出て一流企業に勤めている人でさえ、将来に不安を持っているのです。
将来が不安なのはエリートも庶民も一緒だった話【本音トーク】

それに私の友人が親から受け継いで運送屋をやっていますが、今景気が良いらしく『年収2000万』あるとかないとか…。

その友人でさえ「事故一発で人生終る」と将来に危機感を持っています。

今、成功している人でさえ『紙一重』の所で働いているのです。

成功者の話はさておき、今回は私のように底辺人生を歩んでいる者は『将来どんな仕事を選べばいいのか?』考えてみました。



脱サラは慎重に!先読みと流行りは違う

退職する人

「会社員で毎月バカ高い社会保険を払ったって意味ないじゃん。年金だって、将来貰えないんでしょ?」

と、フリーランスや個人事業主を選ぶ人が、最近多くいます。

しかし、安易に『その選択』すべきではありません。

サラリーマンを辞めるという事は『安定を捨てること』だからです。

確かに、この先は将来貰える年金の『支給年齢』は上がり『支給額』は減っていく一方でしょう。

それでも『国民年金』よりは『厚生年金』の方が支給額は多いでしょうし、万が一『大病』を患った時に2割負担と3割負担では相当な差が出ます。

雇用保険だって失うわけですしね。

会社を辞めても【国民年金・健康保険】の高い社会保障費は払わないといけません。
何だかんだ『正社員で社会保障費』を払っていた方が、将来のためになるのです。

それに、フリーランスや個人事業主になって成功するのは、ほんの一握りの人です。

成功者がネットで「フリーランス、サイコー!」と言っている、陰で多くの人が失敗に終わり路頭に迷っているのです。

安易に『いばらの道』を選ぶべきではありません。

『やりたい仕事』ではなく『無くならない仕事』を選ぶ

仕事をしている人

ただ、正社員だろうが個人事業主だろうが『この先も無くならない仕事』を考えて職種を選ばないといけないのは間違いありません。

なので、下記のような仕事は選ぶべきではありません。

  • 機械化され無くなってしまう仕事。
  • 需要自体が無くなってしまう仕事。

機械化され無くなってしまう仕事。

『AI』の進歩により将来は無くなる仕事が色々出てくると言われています。

これまでは安定感バッチリの『役所の仕事』や、成功者の職業である『銀行員』も将来は無くなる仕事と言われていますね。

身近な仕事ですと、スーパーです。自動支払機に変え『レジ打ち』の仕事を無くしているスーパーが増えてきています。

このような将来『AI』に仕事を取られると解っているのに選ぶのは『愚の骨頂』です。

需要自体が無くなってしまう仕事。

そして、需要自体が無くなってしまう業種もあります。

例えば、過去に儲かった仕事で『携帯電話のアンテナの作り・販売』というものがありました。

携帯電話の出始めの頃は、電話をする際には毎回アンテナを引っ張りだしてましたよね。

今はスマホは勿論、ガラケーにだってアンテナは付いていません。

あの頃に『アンテナ作りで将来安泰』を感じていた人もいる筈です。

しかし、時代とともに無くなりました。

このような業種もあるのですから『先を読んだ仕事選び』が重要です。

同じ業界内でも『天と地』ほどの差が出る仕事もあります。

儲かっている人

例えば『寿司』業界です。

今の時代、庶民の寿司といえば『回転寿司』ですが、回転寿司が流行る前に気軽に食べられる先駆けで『お持ち帰り寿司』が流行った時期があります。

『お持ち帰り寿司』の店舗がそこら中にあった時期もありましたが、現在はほとんど見かけません。

しかし、回転寿司はこの不景気が関係なく『売り上げを伸ばし続けている』業界です。

あの分け目に、お持ち帰り寿司を選んだ者は『ころげ落ち』、回転寿司を選んだ者は『安定』を手にしたのです。

このように、同じ業界内であっても天と地ほどの差が出る場合もあるのです。



まとめ:将来が不安な方が選ぶべき仕事

  • フリーランス・個人事業主ではなく、なるべく正社員。
  • 需要から、将来無くならない仕事を選ぶ。
  • ロボット、外国人には出来ない仕事を選ぶ。

例えば、私の現職であるタクシードライバーは上記の条件が揃っています。

タクシーはドライバーの社会保険の加入が義務付けられていて正社員で働けます。東京都心部のタクシーが前提ですが、需要が無くなる事もありません。

そして、『ロボットには出来ない仕事』だと思っています。

個人的な意見の記事になってしまいますが貼っておきます。
完全自動運転で無くなる仕事は?ドライバー職の未来は明るい!?

外国人が簡単に出来る仕事でもありません。言葉とか運転とか、相当日本に精通していないとできません。

タクシーって意外と将来性のある仕事なんですよ。

探せば、そこそこの仕事ってあるんです。ぜひ自分にあった仕事を探してみて下さい。

ただ、転職を成功させるには『時間をかけ慎重に進める』ことが重要です。

勢いやタイミングも重要ですが、それだけでは上手くはいきません。

『今しかない!』というタイミングがきた時に動けるように、日頃から下調べをしておくのがいいですよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<タクシー転職をお考えの方に有益な情報です。>
タクシー転職は入社する会社で天と地ほどの差があって、実は会社選びの時点で『成功・失敗』が決まっちゃっています。

なので、タクシー転職を失敗しないためには『入念な事前準備』が必要になります。

下記の記事には、私がタクシー転職に必要だと思う情報がすべて書いてあります。

実際に『入るべきタクシー会社』についても書いてありますので、タクシー転職の際にお役立て下さい。

気楽なタクシーライフをYouTubeで配信しています↓↓↓



始めたばかりですので動画数は少ないですが、タクシーに転職すると「どんな生活になるのか?」こちらも参考にしてみて下さい。



<おすすめコンテンツ↓↓↓>