ストレスのない仕事なら自由業は選んではいけない【逆にかかる】

こんにちは、ショーです。

前回の記事では、なるべく『ストレスを溜めない生き方』について書きました。

ストレスは思いもよらない病気を患ってしまったり、時には人格さえ変えてしまう場合があります。

私の前職の取引先でも、ストレスを溜めすぎて『人格』がおかしくなってしまう人が結構いました。↓
【ストレスが多い職業】働く者の心が歪む葬儀業界【閲覧注意!】

仕事のストレスは絶対にかかるものですが、ストレスの限界で「こんな会社辞めて自分で仕事を始めよう」とフリーランスや個人事業主を選ぶ方も最近は多くいらっしゃると思います。

しかし、フリーランスや個人事業主は『とてつもないストレス』がかかってしまうかもしれません。



自由業にかかるストレスはサラリーマンとは桁違い

ストレスがかかっている人

サラリーマンをしていると、フリーランスや個人事業主に『自由』を感じると思います。

就業規則もないですし、自分のやりたいようにできる訳ですからね。

しかし、一見自由に見えますが自由業もストレスはかかります。

しかも、サラリーマンの比ではありません。

  • 急に仕事がなくなるかもしれない不安。
  • 明日からの収入がいきなり無くなるかもしれない恐怖。

急に仕事がなくなるかもしれない不安

フリーランスや個人事業主は聞こえはいいですが『フリーターと変わりはない不安定』な立場です。

今は仕事を貰えていても「いつ仕事がなくなるか分からない不安」と隣り合わせで働き、かかるストレスは計り知れないものです。

それに『個人でやっている』ってだけで、フリーランスや個人事業主の多くのは『仕事を貰っている立場』に違いはありません。

  • 仕事を貰うために接待をする。
  • 切られないためにペコペコする。
  • 無茶ぶりにも答えないといけない。

この辺は、サラリーマンと同じなのです。

そして、責任の全てが自分に降りかかってくるので、かかるストレスはサラリーマンの比ではありません。

明日からの収入がいきなり無くなるかもしれない恐怖

で、仕事が無くれば収入も無くなるわけです。

  • 『ヘマ』をし、即効で仕事を切られた。
  • 取引先がいきなりトンだ。

会社間での取引であれば、何かミスをしてしまっても『上が謝罪』をすれば収まるケースが多いですが、個人の場合いきなり切られる可能性もあるわけです。

それに、取引先がなんの前触れも無く『飛ぶ』ことも考えられます。

明日以降の仕事どころか昨日までの『売り上げの回収』すらできないケースもあります。

フリーランスや個人事業主は『収入のストレス』がかかるのです。

毎日、会社に行けばとりあえず『給料が貰える』サラリーマンには無いストレスがかかるのです。



結論:働くうえで収入のストレスが一番ヤバい。

『人間関係のストレス』や『ブラックのストレス』など、会社でかかるストレスが原因でフリーランスや個人事業主を選ぶ方も多くいると思います。

でも、本当に『ヤバいストレス』は収入のストレスです。

特に家庭・住宅ローンを抱えていて自由業に転身した場合、『今までと同じ水準の生活ができる保証がない』ので、その不安から来るストレスは計り知れません。

ストレスから解放されるつもりが、もっとストレスがかかってしまう可能性があるのです。

もし「仕事のストレスから解放されたい」理由で自由業に転身するのであれば、さらに大きなストレスが待ち構えている事を承知して行動してください。

最後に、私の現職であるタクシーは会社勤めの割には『人間関係などの職場でかかりやすいストレス』が少ない業種です。

しかも、比較的安定して稼げる『歩合給』です。

<参考記事>
【タクシー収入報告】2018年の私の年収は570万でした。

「ストレスから解放されたいが、自分で商売を始めるのはちょっと…」という人は、タクシーも捨てたもんじゃありませんよ。

<おすすめの記事>
【自分探し】年収500万稼ぎながら賢く自分を探しませんか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

当ブログは、主に「今の生活を変えたい」という人向けに『生活を向上させる』ための記事を書いています。

 その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。
投稿記事一覧