仕事つらい…でも貯金がないから…【無理して働く必要はない話】

こんにちは、ショーです。

仕事がつらくて辞めたいけど、「生活があるし貯金もないから、将来のために今無理してでも働かないと…」という方が多いかと思います。

私も40も過ぎて、貯金が全くありません。

着々と進む年金受給年齢の引き上げ。定年後に必要なお金は2000万円という国。これ、じつは4000万円とも言われています。

こんなことを聞いたら、不安になるのは当然です。

「体が動くうちに、無理してでも稼いで貯金しないと…」

しかし、老後の貯金のために無理してまで働くことはおすすめできません。

それは、今、貯金がない人は、生涯働らかなくてはいけないことが、ほぼ確定しているからです。



今、貯金が無い人は、生涯働くことがほぼ確定しています

膝をつく人

今の年金受給者は、厚生年金・企業年金なら、年金だけで十分な生活ができます。

「年金、様様」と、言葉にする方もいらっしゃいます。

しかし、冒頭でも言ったように、この先はどんどん年金受給年齢も引き上げられ、支給金額も減っていくのでしょう。

だから、貯金が必要になる。

正論です。

しかし、老後が心配で今から貯金をしても、もう遅いのです。

心配してから貯金を始めても遅い。将来の考え方を変えなくてはいけない。

もちろん今からでも貯金を始めて、少しでも貯めておくべきです。

しかし、貯金は一朝一夕でできるものではありません。

しっかりと貯金がある人はコツコツと貯金をしてきたから貯金があるのです。毎月の支出の中に貯金が組み込まれているのです。

貯金も生活費の一部。

貯金をしてこなかった人が、これから同じように毎月一定の貯金をしていくには、生活水準を下げて貯金に回していかなくてはいけません。

でも、家庭を持っていると難しいことですよね。

小さな子供がいる家庭だと、年々子供にかかるお金が増えていくので尚更です。

なので、貯金してこなかった人が、毎月一定の貯金をするためには、収入が上がらないとできないのです。

しかし、貯金をするために、仕事量を増やしたり我慢して働いて万が一体を壊してしまったら、それこそ先々が不安になってしまいます。

もし、体を動かせなくなってしまったら…
もし、心をやられてしまったら…

今、貯金のために無理をした働き方をしてはいけないのです。

貯金がないなら無いなりの生き方を考え、変えなくてはいけないのです。

  • 老後は貯金と年金で暮らしていく:✕
  • 生涯働いて生活費を稼ぎ生きていく:〇

生涯働く。

そう考えマイペースで働いていくことが望ましいのです。

たとえ無理して働いて2000万円貯金できたとしても、体を壊してしまったら治療費・介護費が必要になることだってあります。

そうなると2000万どころか、もっとお金がかかってしまう可能性もあるのです。

何より、お金があっても健康でなくては人生楽しくありませんからね。

では、貯金がなく、今の仕事がつらい人はどうすればいいのか?

貯金がない人が長く働くために避けるべき会社・働き方は?

働く人

  • 自分に合っていない仕事は避ける
  • 過度の我慢をして働くことはしない
  • 大きな歯車になる仕事は極力避ける

自分の向き不向きを知り、合っていない仕事は避ける

たとえば今の仕事が、

  • 長時間労働なわけでもない。
  • 厳しいノルマがあるわけでもない。
  • 業界もブラックなわけではない。

今の仕事が大変なわけでもないのに、辛くて辞めたいのであれば、仕事自体が合っていないのかもしれません。

仕事の向き不向きは誰にでも必ずあります。

自分に合っていない仕事をしているから『仕事が上手くいかない→つまらない→つらい→辞めたい』となるのです。

長く働くためにも仕事を変えることも必要です。

過度の我慢は禁物。そのストレスが体を壊す。

多くの人は我慢しながら働いていると思いますが、過度の我慢で溜まるストレスは病気を生みます。

私も前職ではストレスが原因とされる病気を患いましたが、幸い初期で見つかり早めの治療ができたので、今は症状を抑えられています。

前職は15年ほど働きましたが、

  • 給料が特別良いわけではなかった。
  • 業界自体がブラックで大変な仕事だった。
  • いろいろと将来性のない会社だった。

このような仕事を我慢しながら、一時は『骨をうずめる』くらいの気持ちを持って働いていました。

中卒で貯金もなく、いい仕事なんかないと思っていた私は勘違いをし、我慢して働いていました。

で、ストレスが原因とされる難病を患ってしまったのです。

もし、あの仕事を我慢して働き続けていたら…

貯金も無い、健康も無い、不安な老後を過ごすことになるのでしょう。

病気になってしまうような働き方はしてはいけない。

私はそう思います。

大きな歯車になる仕事は極力避ける

「ちょっと体調悪いくらいで会社に穴を空けられないよ…」

以前の私もそんな考えで、インフルエンザかもしれない状態でも病院にもいかず働いていました。

私が休んでしまうと仕事に穴をあけてしまう恐れがあったからです。

インフルエンザだって周りに移してしまったら大変な事ですが、もし、重大な病気の前兆だったとしたら、仕事どころか家庭に穴を空ける事になってしまうかもしれません。

将来のため、家族のため、がむしゃらに働いているのに、将来・家族を犠牲にしてしまうかもしれないんです。

その時、会社は助けてはくれません。

だから、体調が悪い時には休める無理しなくてもいい仕事に就いた方がいいのです。

1人休んだだけで業務が回らなくなってしまうような会社は要注意です。

特に中小企業のファミリー会社にありがちなのが、働きもしない身内ばかり増やしていて実働の人間が少ない。

そんな会社で、我慢して働くことはしない方がいいのです。



最後に:仕事つらいけど貯金がないから、無理して働いている人に

老後を過ごせる貯金ができなかった人は、生涯働かなくてはいけません。

なので、自分のペースで体を壊さないような働き方をしていかなくてはいけません。

  • 自分に合っていない仕事は避ける
  • 過度の我慢をして働くことはしない
  • 大きな歯車になる仕事は極力避ける

今さら焦って、体を壊すような働きかたをするよりは、できるだけ長く働くためにマイペースでいくべきなのです。

それに、どんな仕事に就いていても将来の不安はあります。

下記の記事でも書いてあるように、一流企業に勤め年収1000万以上稼いでいるエリートでさえ『将来に不安』を持っています。
将来が不安なのはエリートも庶民も一緒だった話【本音トーク】

体を壊してまで働くことが『美徳』のような感じもまだまだある世の中ですが、人生まだまだ先は長いのだから、今、無理してつらい仕事をする必要はないですよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

<Twitter↓↓↓>
@privategadaiiti

<おすすめコンテンツ↓↓↓>
もし、年収600万になったら、あなたの人生は変わりますか?

人生を変えたい…

そんな方のヒントになれば幸いです。

<中高年の最後の受け皿↓↓↓>
タクシーに転職するなら絶対に見て欲しい、失敗しないためにも…

タクシー転職の際は参考にしてみて下さい。

タクシーに転職したおっさんの日常生活をYouTubeで配信しています!


その他多数の記事をご用意していますので、ぜひご覧ください。投稿記事一覧